株式会社ディー・エヌ・エー

【 事例内容 】
・事業基盤となるインフラ環境の効率的な運用推進

ゲームプラットフォーム「Mobage」をはじめ、AI、eコマース、オートモーティブ、ヘルスケア、スポーツなど、大規模なインターネットサービスの開発・配信を行っているディー・エヌ・エーは、創業時から自社エンジニアによる高品質なインフラ構築を行い、オンプレミス(情報システムを自社保有・運用)でサーバダウンを限りなくゼロにするという技術力に加え、低コストな運用体制を築いてきた。

しかし事業サービスの多様化やエンジニアの技術シフトチェンジなどを背景に、オンプレミスからクラウドに移行することを発表(2018年6月)。3年の移行期間を設け、現在はサービスの多くをクラウドに移行し、運用体制を整備するフェーズへと進んでいる。
社内に優秀なエンジニアを抱える同社が、アウトソーシング先に求めるものは何か。株式会社ディー・エヌ・エーのシステム本部IT基盤部の星野氏に話をうかがった。

低コストで最適なサーバの選定

ディー・エヌ・エーがオンプレミスからクラウドへ「Pococha」などで利用しているライブ配信基盤の移行を進めるにあたり、クイックガードは国内クラウド事業者と連携し、コスト削減をしつつ品質の高いインフラ構築の提案・導入サポートを行った。クイックガードがソーシャルLIVE事業「SHOWROOM」のインフラ運用・設計に関わっていたことから、技術品質やコスト面で問題がない事はすでに証明されており、サービス導入は非常にスムーズだった。

星野氏「当社には1円でも安くというベンチャーマインドがあります。コスト管理にはとてもシビアですし、オンプレミスからクラウドへ移行した際も、課題となっていたのはコストでした。そうした当社側の条件に対して、ネットワーク費用が安価であり、オンプレミスから移行しやすいサーバを選定いただいたと聞いています。私も担当し始めた当初は、今回採用した国内クラウドに対してあまり詳しくなかったので、仕様面など細かく教えていただきました」

スピード感と当事者意識

クイックガードと連携する中で、星野氏が最初に感じたのはスピードの速さだという。

星野氏「ディー・エヌ・エーのサービスはBtoCが大半です。BtoCのサービスにおいてスピードは何よりも重要で、24/365で対応していかなければいけませんが、クイックガードさんの対応スピードは圧倒的に速かったです。当社はもともとオンプレミスやパブリッククラウドを利用してインフラを自社で管理・運用してきたので、対応速度の速さには自負があったのですが、自分たちより速く対応いただくこともあり驚きました。自社内のスタッフと変わらぬスピード感は業務を任せて安心感があります」

加えて、クイックガードの当事者意識の高さについても言及する。
提案書を見れば仕様やコスト、そして会話を通して技術力はある程度まで判断できるが、それだけでは当事者意識の高さをはかるのは難しい。当事者意識は、実務がスタートしてからでなければ実感しにくいものだ。

星野氏「実務を通してでないと、どの程度フットワーク軽く対応してもらえるのかは分からないですよね。でも実際に実務がスタートすると、当事者意識の高さがよく伝わってきて、安心して相談できると思いました」

と星野氏は続ける。クイックガードの当事者意識は、特に現状抱えている課題の解決案を相談した際に強く感じたそうだ。

星野氏「システムの運用・監視には3つのステップがあって、まずは何か支障が出た時すぐに反応する。次に1次対応、そして恒久対応を行うのですが、どのステップでもクイックガードさんから受動的ではなく、能動的な発言がありました。こんな課題を抱えていると相談すると、関連箇所に問い合わせますなど、こちらがお願いする前に動いてくださるので安心して任せられます」

運用面で連携の拡充を

クラウドへの完全移行が終わり、運用が始まれば、クイックガードとの連携の機会も増えるのではないかと星野氏は話す。

星野氏「オンプレミスからクラウドに移動したからといって、サービスを配信するうえで大きな違いはないと思っています。可用性・パフォーマンス・低コスト・セキュリティー・運用・事業持続性の拡充といった、これまで私たちが大切にしてきたことは変わりません。
ただ業務内容は少し変わりました。オンプレミスでは機器の物理的な管理や運用なども自分たちで行っていたので、クラウドに移行することでそうした業務は必要がなくなりました。しかし、クラウドアカウントの数が急激に増えたことでアカウント管理の負荷やその重要性がより大きくなりました。管理ツールをつくり工数を減らせるよう取り組んでいますが、いまの人数では業務がまわりきらないところも出てくると思います。今後も幅広くお手伝いいただけると助かります」

(左 株式会社ディー・エヌ・エー 星野様、右 当社 栗原)
株式会社ディー・エヌ・エー
1999年設立。ゲーム、エンターテインメント、スポーツ、ヘルスケアなど多種多様な事業領域で独自のサービスを展開する、日本を代表するインターネット企業。
https://dena.com/jp/
*/?>