株式会社集英社様 QuickGuardSeminar クラウド基礎学習コース

【 研修内容 】
・ネットワークの仕組み(OSI参照モデル、サブネットマスク)やOSの基礎
・AWSのクラウドサービスの概要からサービスを利用した実践までの基礎演習

株式会社集英社 デジタル事業部 大村嘉範氏と久松氏、奥山氏にお話を伺った。

今回、デジタルコンテンツの展開に力を入れている株式会社集英社の中でも、中心にいるデジタル事業部に新規に配属されたメンバーに、ネットワークの仕組みからクラウドサービスについての基礎研修を実施させていただきました。

― 三日間ありがとうございました。研修の率直な感想をお聞かせください。

奥村氏「楽しかったですよ。理解が浅いからかもしれませんが特にわかりづらかった所や、引っかかる所もなかったですし、全体像から最後のお話まで順序立てて説明していただきました。一カ月後とか三カ月後に『あれっ?』とかだと申し訳ないんですけど、でも三日目の実践演習もちゃんと一日目二日目の内容と対応していてわかりやすかったです」

久松氏「私も一日目から三日間でお話しされていた内容については詰まることなくお聞きできた気がしているんですけど、前提知識もまだまだ勉強が足りない所もあるので、もう少し基礎的な部分から復習したうえで今のお話を思い出すと理解が深まるのかなと感じました。」

― 一番面白かった所はどこでしょうか。

奥村氏「一番面白かったのは裏話ですね。データベースがリーダーとフォロワーを入れ替えるみたいな話がすごくわかりやすかったですね。セキュリティを物理的に加工するとか分散する冗長構成って話がすごくしっくりきました。」

久松氏「三日目の実践演習は手を動かすことができたので楽しかったですし、やはり普段何も意識せずWEBページを閲覧していたというか、裏側の仕組みをあまり考えていなかったので、そこを改めて勉強できた所がすごくありがたかったです。」

― 研修実施のタイミングは何か計画的なものがあったのでしょうか。

大村氏「彼らには四月一日から配属していただいて、二人とも特に技術面で強くなってもらいたいということで、選び抜かれた人材です。ですから一通りのことは順番に覚えてもらいたいのと、はじめから研修は実施するつもりでした。
この前段のネットワークとは、という話は一時間半くらいして、ブラウザでURL叩いてそのOSIの参照モデルを通ってサーバ側でレスポンスを返すって所の軽い話はしています。だからルーティングの話とかはその辺から繋がってよかったと思います」

― 今回研修で技術を学ぶ際に、意識してほしかったことは何でしょうか。

大村氏「明確に持っているのは二点あって、一つは特にここにいる二名に関しては自分のノートパソコンを開いてエクセルでグラフを作るくらいの手軽さでAWSにサーバを作ってそこのデータベースに普段処理できない重さのデータを入れてクエリを叩くくらいのことはできるようになってほしいと思います。それで自分のできるケイパビリティは一気に上がるので。

本当に現場で活躍されている方が実際操作している画面を見せていただいたのは、ものすごく有意義だと思っています。操作のスムーズさもイメージできていると思うので、だから実はそんなに難しくなくて慣れてくると10分20分で起動して最初の叩く所までいけますから、それを一個作っておけば本当にローカルでエクセルを叩くのと同じ感覚でできます。そのくらい身近にあるツールだし、身近に感じなきゃいけない環境だよっていうのを他の人とは一段違って、エクセルを使うぐらいの身近さで使いこなしてほしいと思っています。

マネージャーとしては、やっぱりDevOpsだと思います。弊社の場合特にアレンジメントというかやっぱりアライアンスづくりを考えるうえで、どういったケイパビリティを持っているパートナーを見つけたいのかとか、もしくはそこに選択肢はないけどそれぞれのパートナーでどういう役割を果たしてほしいのか、っていう具体的なイメージを自分で作ってその関係性を構築していかないといけない、接着剤の役割を果たさないといけないので、このDevOpsの考え方をできるかどうかは非常に重要だと思います。」

サービス種別